shoppingcart.mini.noitems
Filters
search
Close
media.manufacturer.imagealternatetextformat

RIVA 1920

Riva 1920 (リーヴァ)は1920年、ブライアンツァ州の中心部にあるカントゥで、ニノ・ロマーノが設立した家族経営の小さな職人工房で、クラシックスタイルの無垢材家具の製造を専門に行っていたのが始まりです。1940年代半ばには、義父の活動を引き継いだMario Riva社の研究所に入りました。マウリツィオとダヴィデ・リヴァ兄弟は父と祖父の跡を継ぎ、70年代後半には家の下のショップで大工として働き始め、カスタム家具に専念するようになりました。そしてRiva 1920の特徴である、完全に天然のワックスとオイルを使用して、天然木を強化するという職人的なプロセスが始まります。1987年には最初の生産ユニットが発足し、1992年にミラノ国際家具見本市で初めて家具コレクションを発表しました。